読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

働くオカンの思考を解剖したらこうなりました

働くオカン(三姉妹の母)の思考 From 2013.10.21 to 2015.04.07

ブログにカウンセリング効果があるような気がしてならない(訂正あり)

ちょうど一年前の今日、ブログを開設したようです。

※ブログ作成日:2013年10月20日でした!!(ォィ!)

 投稿数:78(2014年6月14日現在の経過日数は " 236日 " Excelって便利!)
 間違えた理由:スマホからプレビューしたら今日の日付とは知らず・・・です(ォィ!)
 
記念日!!!!
※だから違います・・・
 
と、たまたま気付いた。
あー、驚いた。
 
 
一年365日で、76記事しか書いてない模様。
※だから違います・・・
 
少なっ!!!
※こちらはあってますな。。。
 
と書いたところで、今日の日付で更新したいので、一旦UP。
 
後で続きを書きます。
 
=  =  =  =  =  =  =  =  =  =  =  =  
 
 
今日、書きたかった事はタイトルの通りなんですが、それに伴いまして、いったいぜんたい私はどれくらいの記事をUPしたんだわさ?だわさ?ヤッワーラー・ジョディ!!(わかんねーネタやな!!
 
 
で、調べてみよー!
と、パソコン立ち上げてみたら、なんと!!
 
2013/06/09 2013/10/20初記事UP
76記事
 
とわかって驚いた。
まさか一年前の今日だったなんて思いもしなかった。
※だから違います・・・
 
私の中では、秋に始めたつもりでいたので衝撃的事実だった。なんか感慨深いものがある。うん。運命だね。たまたまってスゴイね!!!!(←あんぽんたんな脳みその方が正しかったようです・・・)
 
 
と驚いき終わったところで、本題へ移ろうと思います。私は諦めない精神のジョディが好きです。諦めの悪い本阿弥さやかも好きです。一番好きなのはジゴローじゃっ!!柔への騙し方最高じゃっ!
 
 
 
で、なんだっけ、そうだっけ、あーだっけ。
(本日は新喜劇風味でお送りします。ウソです、ムリです、ゴメンなさい。)
 
 
 
この一年で76記事を書きました。
私は、自分の心の澱を吐き出したり、過去の出来事を改めて思い出し綴ってみたり、思ったこと、感じたことを言葉にしたり、考えている事をまとめる過程としてのエディター的な使い方したりと、様々なテンションで、様々な私自身の断面図を晒してきたように思います。
 
 
私の属性が、働くオカンだというだけで、別に働くオカンとは全く関係ないプライベートも記事にしてきました。
 
正しくは、働くオカンの思考ではなく、私(wm-hijiriko)本人の思考です。
 
 
正直なところ、ブログタイトルを適当につけて、納得いくものに変更して行こうと思った矢先にプチホッテントリー入りをした為、変更出来ずに今日まできました。
 
一度アンコンは変更しましたが、これもホントはチャンと時間を作り、作り直したいなと思っています。(まぁ、時間なんてサラサラとこぼれ落ちてくので、未来永劫そんな日は来ないかもしれませんが・・・。)
 
 
そんな適当なブログ運営をしていたのも、毎日のアクセス数が目標10〜20だったからですし、これほど多くの方に読まれるブログになるとは夢にも思ってなかったからです。
 
 
そういう意味では、本当に読んでくださってる方がいるというのは、有難い事だと思っています。いつも有難うございます!!!!
 
 
 
私はブログを書き、皆様に読まれ、☆で承認されたり、ブコメでご意見賜ったりしていると、自分の立ち位置がわかったような気がします。私ってこういう人間なんだっ!という気付きと共に偏り具合がわかりました。
 
 
そもそも。
私に取ってブログの開始目的は、これ以上の文章力の低下を阻止し、自分の思考を言葉にする練習題材にもなり、心の整理であり、王様の耳はロバの耳的なストレス発散の場でもあり、自己満足の為のお恥ずかしながらの自慰行為だと思って始めたのです。
 
 
ですので。
誰かに読んで頂こうという想定読者がいたわけでもなく、拗らせた心の解放と言えば大袈裟ですが、でも解放くらいに思って駄文汚文を撒き散らしてきました。
 
 
そもそも。
プライベートでこういったブログに書くような話をする機会が年々減ってます。高校生の時、夜通し友人と様々な話題の話をしました。濃く濃密な時間が無限にあり、どんな些細な事も深く深く話し合う事ができました。
 
今の現実は。
生活に追われそんな時間を作れない立場になってしまいました。私も。友人達も。自分の時間を30分作るのに四苦八苦してたりもします。高校生の時のように、もうアレだけのボリュームの会話を面と向かってするような時間が作れないのです。
 
 
ですので、ブログは。
こう言った意味でも、自分の時間がある時に、話したい話題を勝ってにでっち上げエントリーする事で、一方通行の仮想的に高校生的な一人語りができるツールとしてとても気持ちが良いものでした。
 
 
その一方通行の仮想的に高校生的な一人語りだったのが、ブログを読まれたからからの反応がある事によって、双方向の高校生的な会話と同じ効果を果たしたように思います。
 
 
本当に読んで頂き反応を頂けたことは、想定外の天に登るような嬉しさがございました。大人との会話に飢えていましたので、本当にどのような意見でさえも、嬉しくて嬉しくてたまりませんでした。
 
 
一年が経ち結果的に、私に取ってはカウンセリング効果をもたらしました。
 
 
アレだけ憎しみを持っていた同居の事も、今となってはどうでも良くなり、受け入れ認めれるまで心の整理がつきました。
 
それもこれも、皆さんにネタにして頂けたおかげだと思ってます。
 
 
他にもいろいろと、認められなかった様々な事や整理がつかないままの感情があったのも、気がつけば誰かがコメントされた些細な一言によって変化が生まれ、気がつけば認め整理がついています。
 
 
 
これだけの効果のある会話は、ダレとどんな事でもザックバランなコミュニケーションが取れれば成り立つのにね。
 
 
何故だかどうしてだか、なかなかリアルでは出来ない現実があります。
 
 
それは立場的でもあり、時間的でもあり、理由はいくつかあるのですが、なんせ会話する事が本当にない生活になってしまっていました。
 
 
そんな私に取っては、ブログが実生活に足りない会話の一助を担いカウンセリング効果をもたらし、拗らせた心の解放までもする事が出来ました。
 
 
 
ですので、過去にコメントや☆を一つでも頂いた方に、心から有り難うございました。と申し上げ深々と頭を下げたい思いでございます。
 
また、アクセス数として私の一人語りを聞いて頂けた方、過去に一文でも読んで頂いたサイレントユーザーの方々にも、私の話しを聞いてもらえた!という想いを頂きました。ですので、コメントや☆とはまた違った有り難みがございます。心から御礼を申し上げます。深謝でございます!!!
 
 
これからも、今まで通りの低クオリティでお届けする事になると思いますが、お付き合い頂ける方がいらっしゃいましたら、是非とも今後とも宜しくお願い申し上げます。
 
 
それでは、キリの良いところで。
おやすみなさい。