読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

働くオカンの思考を解剖したらこうなりました

働くオカン(三姉妹の母)の思考 From 2013.10.21 to 2015.04.07

オカンのオカンじゃない話

おもひでぽろぽろ

ライブハウスで号泣し、目を真っ赤に腫らして帰宅中です。



彼女とは高校時代を一緒に過ごし。
彼女の叩く楽器が、ティンパニーからドラムに変わり。
バイト代を貯めて電子ドラムを買うんだと一緒にバイトをし。
彼女の初のドラム購入に付き合い。
彼女の叩くドラムを聞きながら受験勉強した。
実家を出る私に付き合い、心配だからとアパートの隣に住むと言い一緒にアパートを探した。
彼氏と別れたとか誰が好きだとか、たわいもない話をし。
将来はプロのドラマーになるんだ!とキラキラ目を輝かせ。
じゃー私はー、稼ぐ女(笑)とか冗談を言い合ってた。



彼女が20歳の頃に結成したバンドのXX年記念LIVEに行ってきた。


彼女とは何かあるたびに連絡を取り合う。
報告をし合う。いまだに。


彼女の報告はいつもバンドの事で、誰が離脱した。解散の危機かも。みたいなことが多かった。


そしていつも、幸せそうにプロになるんだ。ドラムで生活するだ。と言う。


そして間、間に。
わたし、いま結婚したら後悔するわー
私の分も子供産んでなー(笑)
と、よく冗談を言っていた。


我が子も彼女の大ファンで、以前スーパーで流れてきた音楽が彼女のバンドの曲だと当てたことがある。


彼女とは縁が切れることもなく、関係は続いていたが、バンドのLIVEは節目となるワンマンライブに行く程度まで、頻度は下がっていた。

あとは、イオンやららぽーととかのファミリー向けに出るときは、子供も喜ぶのでよく顔を出してた。


そんなたくさんの思い出の渦に飲み込まれて。

そして、いま、この大勢の方の前で本当に楽しそうにドラムを叩いている。


涙が止まらなかった。



また、この大切な節目のライブに快くおくりだせるように、仕事を調整してくれたパパ。

子供に言ったら行きたがるからと、黙って出てきた。



そんなたくさんの想いの中、もう止める涙がなく泣き続けたライブだった。

今もこれ書いて泣いてる。止まらない。



彼女の苦労全てを知ってるわけではないのに。
込み上げてくるものがたくさんありすぎる。


彼女の諦めたもの。
選択肢なかったもの。

選択をし続けたバンドとメンバーとドラム。

たくさんの選択しなかったものはだいたい知っている。


いま、私が当たり前に持ってるものも、諦めてきた。


なのに、彼女達は歌う。
同世代の頑張ってる女性への応援歌を。


涙が止まらない。
電車なのに。。。どーーしよ。。。


諦めずにこれだけの年月をドラムとバンドに費やし、そしてここからもまた費やし続ける。


この感動をどう書けば良いのか、私の言語能力は足りなさすぎる。


ただただ、赤く腫らした目だけが現実にある。