読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

働くオカンの思考を解剖したらこうなりました

働くオカン(三姉妹の母)の思考 From 2013.10.21 to 2015.04.07

(続)ブログに求めてるものは正論ですか?正論ってなんですか?っ!!!(追記あり)

前回の続き。

一応、ちゃんと働くオカンしてますので、なかなかPCに向かう時間を作れず、

続編が遅くなりました。すみません。。。

 

前回を読むのがめんどうな人へ。

簡単に言うと、求めていた情報を探すべく検索かけたら、

いっぱいサイトがでてきました。

取り合えずクリックしてみたけど、相思相愛にならなかった・・

って時に、さてアナタはどうする?が、気になる。と、書きました。

 

「イケダハヤトは嫌いだから批判したい、でも記事や書籍は読みたくない」という低レベルな人々 : ihayato.書店

 

自分は観客だと思っている人たち - まつたけのブログ

 

この二つのブログも読み、おもいっきり頷いたし、共感もしました。

を、前提に、私目線でも書いてみようと思う。(ハードルあげすぎて気持ち後悔w)

 

リアルの店舗で、間違ったな・・・ここじゃないな。

と、思っても、ささっと店を出る人が大半の中、なぜブログだと一言いいたくなるのかな?ってのが、気になるんですよね。

 

そもそも、ブログって何なのかな?

と、考えた時に、絶妙なタイミングでUPされた下記を読み、またまた納得!

 僕は何故ブログを書くのだろう - 大彗星ショッカーのヒマつぶし2

 

私も、こんなの書いてたわ、そういえば。

ブログが書きづらいワケだわな。うん。理解した。 - 働くオカンの思考を解剖したらこうなりました

 

 ブログって、書き手によって理由はさまざまだとは思うけど。

メモや備忘録だったり、

思考のまとめだったり(←私はコレと)、

未知との遭遇だったり、

発見や気付きを皆に言いたいだったり、

知識の整理だったり、

不特定多数とのコミュニケーションだったり、

知識の自慢だったり、

リアルで言えない鬱憤の発散だったり(←私はコレ)、

まぁー、各々いろいろな動機があって書くわけなんだけど。

 

読み手としたら、

そんなこと知ったこっちゃなく、

単純に欲しい情報が欲しいだけなんだよね。きっと。

 

 

で、出会った情報がだな。

欲しい情報じゃなかったり、

自分とまったく間逆の意見や価値観だったり、

嫌悪する内容だったり、

自制している事を当たり前に振舞ってる姿だったり、

という、一言物申したくなる内容だった場合。

 

 

さて、YOUならどーーーする???

ってことが気になっている私だったりする。

 

気になり始めて、いろいろ考えてみたりしてみた。

 

そこで思いついたのがね。

こういう求めていた情報と違っても、ささっとリアル店舗のごとく去る人と、

丁寧に言葉を選んで「僕(私)はこう思ったけど、いかがかしら?」となる人と、

一言「言ったったでっ(ドヤガオ)」みたいな人といるでしょ?

 

ドヤガオの人の中には、

鬱憤解消の手段として、そういうブロガー探しをしてる人もいるかもね?

って思ったの。たぶん、だけど。

 

それって、ブログを書いてないだけで、コメントとかブコメとかTwitterを利用した、

一種の書き手だと思ったのね。

 

それって、ブログの書き手の動機で言うと、

”リアルで言えない鬱憤の発散だったり(←私はコレ)”だったりしない??

 

そういう客観的な自覚を持って、表現の一種としてしている方は、

自分の意見に自信や裏づけがあると思うので、とっても良いことだと思うのね。

そういう人もいるよね。って感じで、別にいいと思ったの。

 

だって、時間短縮で効率的な表現だと思うし、

ブログ書くのって、1000文字くらいは必要だったりするけど、

それこそ100文字くらいでいいでしょ。

時間の使い方の賢い人だなって、逆に思ったりもする。

 

それこそ、私が冒頭にURL乗せるのと同じ感覚だよね、きっと。

誰かの発言を利用して、自分の発言の短縮化をはかる手法といってもいいかな。

 

でもさ。

無自覚で、被害者意識出して、なんなら正義の味方のような面下げて、

どうどうと批判丸出しで、書き手の心に波風立てる事をわざわざする人いるでしょ?

それって、無責任発言で、責任取る気ないけど、言いたいのって事なのかしら?

 

これって、どういう位置づけで読んだらいいの?

と、今回、非常に困った。ALLレスに挑戦してて、レス内容にも困った。

 

でさぁー、困ってて思ったんだけど。

こういう人は、ブログでは正論しか発言するな!と、言いたいのかしら?

万人が目にする可能性があるんだから、表現者として配慮してしかるべき!

と、思っているのかしら?

 

ブログって、素人の個人が発言できる便利なツールだよね。

もちろん匿名にしろ固定架空ネーム晒して発言してるんだから、

ある程度の責任は付いてくるんだろうけど、正論しか発言したらダメなもの?

 

もひとつ掘り下げると、正論ってなに?

と、ならない?

 

正論って、価値観が違えば、論ずる事はさまざまであたりまえ。

例えばだよ。

戦争が正しいって価値観の人の正論と、

戦争は絶対にダメって価値観の人の正論は、

まったく異なって、あたりまえじゃない?

 

価値観って、愛し合って、将来を分かち合う覚悟をして、結婚した夫婦でも

合致するのは、とっても困難な個人の核のようなものでしょ?

 

価値観が違えば、正論って自ずと違ってくるよね?

 

じゃぁ、表現の配慮も価値観によって様々で、配慮の仕方も違ってくるよね?

何を求めているのかしら?

 

 

一旦、この件、保留にして、違う角度から。

 

私がブログを書くのは、自分の感情の整理だと思っている。

いろんな日常があって、それを言葉にして書き起こすと見えてくる風景がある。

この風景が見たくて書くんだけどね。

 

クローズな場であるアナログの日記帳に書くとね、不思議と煮詰まる。

負の感情でいっぱいつまった閻魔帳みたくなる。

 

それが、ブログっていうオープンな場で書くと、不思議と発散される。

正の感情がいっぱい沸いてくる浄化作用がある。

 

私は、この浄化作用が必要で、ずっと書いている。

自分を客観視する為にも、冷静になる為に書いている。

 

私は聖人君主ではないので、日々、負の感情が沸いてくる。

でも、負の感情からは何も産まれないことは経験則から知っている。

どうせなら、負を浄化して、正に戻った方が人生楽しいじゃん?

 

だから、オープンな場を借りて、恥を晒しつつも書き続けている。

それは、読み手のことを無視した、書き手の自慰だと思っていて、

バーチャルで匿名だからできるネットの利用法の一つだと思っている。

 

でも、いくら自慰でも不細工より、美人のほうがいいよね?

そう思ったから、負の感情をそのまま晒すのは、さすがにお行儀が悪いし、

書いてても自分の中ですら浄化されにくいし、

不特定多数の万人が見る可能性があるわけだし。

 

じゃぁ~~っ!と。

ちょこっと、お化粧をさせる。文章に。

私のお化粧方法は、とっても雑なので、下世話なお笑いタッチにしあげる。

テンポよく、リズミカルに、生々しくならないようアップテンポに。

 

それだけのことだ。

 

人間の感情ってね。

人それぞれにサイズの違った器があって、これは生まれつき持ってる器だと思う。

 

この器のサイズは、コップサイズからタライ桶から風呂釜サイズまであって、

私の器は、きっとコップサイズなんだと思う。すぐに溢れちゃう。

 

正の感情で、器から溢れると、溢れた正の感情は、周りに居る人をハッピーにする。

負の感情で、器から溢れると、溢れた負の感情は、周りに毒を散布してしまう。

 

だから、私は負の感情をブログでお茶目な笑い話に摩り替えて、

毒っ気をすこーしだけ緩和してから発散するようにしている。

 

なので、結局のところ、

私のブログにはあまりアクセス数はいらないと思っている。

結局は、負の毒の散布でしかない、恥さらしな自慰なのだから。

 

コップサイズの器しかない私は、このブログのおかげで助かっている。

リアルでは、正の感情を保っていられるし、ハッピーでいられる。

私も周りも。いつもニコニコ笑顔で居られるし、おめでたい人間でもいられる。

褒め上手にもなれるし、寛容にもなれる。

 

それは、コップに負の感情が溜まっていないからだ。

人間なんて、そんなに器用でもないし、聖人君主でもない。

あ、負の感情が沸いてるな。と、自覚してうまくコントロールする術が必要だ。

それが、私にとってブログが最適だったというだけのことだ。

 

つまり、私の書くことはブログのタイトルどおりで。

私の思考を解剖した断面図でしかない。

一種のSFだと思って読んでもらうくらいがちょうどいい。

リアルでやったらキチガイな事を、バーチャルで実現しているにすぎない。

つまりそういう事。

 

 

そして、一旦保留にしていた所に戻る。

ドヤガオ派の人が、求めているものってね。

結局のところ、私と一緒なんじゃないかな?って、思ったの。

 

一緒にするなって・・・また、ドヤガオされそうだけど・・・

 

誰かを叩いて、罵って、見下して、

自分を正当化しないとやっていけない現実があるのかな?

 

そう(勝手に、一方通行ながらにも)思うと、

どんな意見も見方を変えると面白いよね。

 

ドヤガオ派の人は、負の感情のコントロール方法を覚えた方が生産的だと思うけど。

それができたら、現時点で、ドヤガオしてないわけだしね。

 

ま、寂しい人たちなのね、きっと!(ドヤガオ)

 

wwwwぉぃ。

まぁ~~~、がんばってぇ~~~~、オーーーーホホホホホホホホホホ!!!

(煽るなっ!!!www)

 

と、これで笑える人と、本気で怒る人とが、運命の分かれ道だよねー。

 

笑える人って、きっとリアルが充実してて、自分にも自信があって、

現状、多少の過不足はあってもまぁまぁ満足してる人だと思うわ~~♪

 

おしまい!

おやすみ~~☆



追記)

自分の感情を整理するのに、自分用の場所(ブログ)を使えばいい人と、他人にそれを告げないではいられない人の違いかもしれない、と思ったけど違うかも


というような言及に、確かにっ!!!

と、深く頷きました。


憂さ晴らしは、やっぱり自分のブログですることにします!!!(笑)


言及、有難うございました!!!