読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

働くオカンの思考を解剖したらこうなりました

働くオカン(三姉妹の母)の思考 From 2013.10.21 to 2015.04.07

パパの育児に物申す

朝っぱらから憤ったので、吐き出す。
通勤電車内で、どこまで書けるかの挑戦でもある。

朝、娘がただ。
モタモタ学校の用意をし、
ペチャクチャ談笑していた。


わけではない。


彼女は、彼女なりのペースで、
学校へ行くべく、用意をしていたのだ。


堀江氏の言葉を借りるなら、
彼女なりの小さな1を足していたのだ。

大人から見れば、微々たる1を。
彼女からすれば、大きな大きな1を。


彼女は、もともと学校の用意が下手くそだ。
物事を統計だてて考えて、準備をする事がそもそも苦手だ。


他の娘を見ていても、突出して苦手だと感じるので、
そもそも適正がないのかもしれない。


それでも、最近は、ようやく時間はかかるけれども。
カバンから全てを出し、整理し、学校に必要な物だけをカバンに詰めることができつつあった。


昔に比べれば、格段の進歩だと思っていた。
昔はどうかというと、カバンに全教科いれぱなしで、登校。
その日配られた学校からの便りなどは、ドンドン加算の一方で、カバンはゴミ箱のようにわグチャグチャだったわけです。
男子並み、いや、、男子でもヒドイ部類に属するレベルの低さであった。



そんな矢先の今朝。
昨日、忘れ物をしてしまったらしい。



彼女は、嘆いた。
「昔のグチャグチャの方が忘れ物がなかった」と。


どうも、昨日は、教科書の忘れ物をしたらしい。



私は、それでも、昔よりは進歩しているので。
「ハイハイ、それは嫌だったね」とだけ言って、一緒に伴奏をする体制に入った。



今日も、遅刻だな。
と、私は思った。あ、娘じゃなく、私がです。




そんな矢先だよ。
ほんと、ね、、勘弁してよ。。。



パパ。
「早くしろよ!時間みよろよ!」




娘、ビェーーーーーン!!!





母激高。
パパは、出勤。




パパが言う事は間違ってはいない。
友達との待ち合わせの時間は、後5分だったし、彼女はまだ朝食すら食べてなかったし、カバンの用意すらこの状態だった。

パパからすれば、前夜にしてなかったということも苛立ちに加算されてたはずだ。
そんな事、より身近にいる私の方が苛立ちたい。
深夜に帰宅してるパパには、前夜の事も、なぜカバンの準備ができなかったのかも、わかるはずはない。




それでも、諦めずに、友達と一緒の登校よりも、優先して、苦手を克服しようと、彼女なりの小さな1を足してる最中に、言う言葉ではないと、私は思ってる。



別に、忘れ物する事より、友達と、一緒に登校する事を選んでもいいものなのに。


彼女は、頑張ることを選んだのだ。



昨夜、明日の朝準備をするから寝る、本を読む事を選んだのだ後ろめたさもあるだろう。


本人が、一番、この状況をわかっているとのだ。



そこを知らない第三者であるパパが、発言をするなら。


「よく状況がわからないけど、お友達との待ち合わせに遅れちゃうよ。大丈夫?」

とか

「最後まで諦めずに頑張ってるね。」

もしくは、究極はガン無視が正解だろう。




勝手に、前後を理解せす、正論だけ吐くのは、本当に!!



やめてほしい!!!!


と、言いたくて、長々と書きました。

さ、着いたから終わります。

いってきまーす!