読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

働くオカンの思考を解剖したらこうなりました

働くオカン(三姉妹の母)の思考 From 2013.10.21 to 2015.04.07

選択肢が豊富にある人生と選択肢が限られてる人生と幸福度

思考
こんばんは、一度子供と寝てふと起きてしまったので、ブログを書いてみる(笑)
暇つぶしかいっ?!と、自分でもツッコミつつ〜〜(*´艸`*)ァハ♪
 
 
私自身の話で恐縮だが、車の運転が嫌いなんです。
 
なんで嫌いかと言うと、殺人兵器を操縦している気分になるから嫌いなんです。大袈裟じゃなくて、マジで・・・
 
 
 
私、注意力散漫でして(; ̄Д ̄)
歩いてるだけで、いろんな物につまづくわ、ぶつかるわ、側溝に落ちるわ・・・友人曰く、一生車の免許を取らない方が世の平和のため!なんだそうです。
 
それも、納得ですよね?(笑)
私の移動に対する情熱は、灯火程度のようです(笑)
 
 
友人の教えを忠実に守り、運転免許は身分証明書がわりに取っただけで、ペーパーもいいところだったんですよ。
 
 
それが、旦那の実家に行くことになりまして、仕方なく車の運転しようかなと、重い腰をあげたところ、問題発生。
 
 
旦那の車・・・マニュアルなんですね・・・
車LOVEな御人で、趣味が車。
車の維持費が高かろうとなんだろうと、趣味なので手放しません。
そんな人の乗ってる愛車なので、皆様ご想像の通りの物ですね。きっと。
 
 
 
私の免許、最悪なことにマニュアルで取っているので、旦那の車を運転できる免許なんですね。もう言い逃れはできませんね。逃げられません。。。
 
 
 
 
仕方なくチャレンジしてみました。
 
 
(ΦωΦ)ふふふ・・・・
ペーパーだし、教習所にももう一回通った念のいれようで挑みました!!
 
 
 
なんと!
楽しい〜〜!!!
 
 
 
運転における性格的には、前述の通り難ありではあるものの。
運動神経はいい方なので、マニュアル運転はスラスラ苦なくできたんです!!
 
 
 
おおおおお〜〜〜凄い!(*゚Д゚艸)
 
 
 
と、自分でもウッカリ楽しくなっちゃったんですね、単純ですね。
 
坂道発進とか、もうスイーとできたらウキウキしちゃうし、もしかして私、結構イケテル?!とか、軽く勘違いするくらいだったんですよ。
 
 
 
それがね。
実際に引っ越して、車社会ドップリの田舎に行って生活し、運転し始めたとたんに!!!
 
 
 
やっぱり!なのか、なんなのか?!
全くもって、車の良さがわからんではないか?!!!
 
いったい、ぜんたい、どうしたもんなのか?
自問自答してみたんですね。
 
 
 
 
つい先日までは、車なんかいらねーっていう都会で、人だらけの危険な中、楽しんでたはずなのに、なぜ?!
 
 
田舎だし交通量も多くないし、人もまばらだし、なぜ?
 
 
 
わかったのは。
都会での生活の際には、
 
  • 徒歩
  • 自転車
  • タクシー
  • バス
  • 電車
という全ての移動手段の中、

今の自分にとって一番好都合な移動手段を 選んで たんですね。

 

選んでたからこそ、自ら運転の車を選んでた時は、そういう時だったから、楽しかったんだな。と、気付いたんです。

 

田舎に行ってみてわかったのが、徒歩が危ない。自転車が危ない。車社会だったということでした。

 

近場だから徒歩で。と歩くと、歩道がないのに車はかなりのスピードで、横を通り抜けて行く。

大人の私だけじゃなく、まだ小さい子供連れて歩いていたので、ホントに驚きましたね。また、これがデフォルトと気付いた時の驚きったら、ホントにビックリしましたね。

 

結局、選択肢はあってないようなもので、車で移動するのが一番安全で手っ取り早い環境だったんです。

 

そうなると、選んでないですよね?

わたし。

 

(話かわるけど、なんでこんなに行間ひろくなったの・・・スマホでの更新ムズイわ・・・)

 

こうなると、車が苦痛で、苦痛で。

冒頭のような飛躍しすぎた、被害妄想に襲われた、情弱な人みたいな考え方に陥るわけですね。

 

 

 

私、わかったんです。

悟りました。

 

選択肢がたくさんある中で、自分で選んだという気分は、自由であると人は感じるんですね。

 

逆に、選択肢がほぼない場合は、自分で選んだという気分になれないから、不自由であると感じていたんですね。

 

不自由、つまり、押し付けられていると感じ、不満がたまり、ストレスを勝手に貯めて、結果、八つ当たりのように車が嫌になったというロジックだと思うんです。

 

一度でも、多くの選択肢に触れ、自分で選ぶ事を当たり前の権利として使ってきた人が、選択肢を取り上げられた結果って、車という移動手段に関わらず、誰もが感じる感覚なんじゃないかな?と、思ったんですね。

 

 

これ、子供にもあてはまりますよね?

次回は、コレについて、書こうと思います。

続く。

 

 

 

 

 

自由とは、選び取ること (青春新書INTELLIGENCE)

自由とは、選び取ること (青春新書INTELLIGENCE)

 

 

 

 

クルマ社会・7つの大罪

クルマ社会・7つの大罪